ゴルフ100切り企画。グリップの握りから、スタンス、構え、全部違う。でも絶対に切っていやるぞ!


私の趣味の1つに、ゴルフがあります。

と、いっても、年5,6回の初心者です。でも、ゴルフを始めて、5,6年は経ってます。

仕事がら、コースを回る機会もあり、経験年数は長いのですが、余り回数は行っていません。

ファンゴルフで、特にスコアも気にせず雰囲気を楽しんでいました。

そんな7月某日、半年ぶりに上司とコースを回ったのですが、それが楽しくて仕方がありませんでした。

以前も楽しかったのですが…楽しさの次元が違いました。

仕事の方で忙しかった為、余り、息抜きもできなかった、この約半年。

そこから解放されたからでしょうか?上司と回っているにもかかわらず、楽しくて仕方がありませんでした。

ただ、スコアが110で65の45。上司と回る場合、バックティーからになりますが。

「そろそろ初心者は抜けたい!」という気持ちが、フツフツと芽生えてきまして。

「100を切りたい!」 本気で思うようになりました。きっと、後半「45」というのが

少し自信につながっているのもあるのだと思います。

そこで、次回、9月某日(前半)、千葉のコースを予約し、そこで、何としても「100切り」を

やってやりたいと思います。

このゴルフ100切りシリーズは、自身の「練習日記的」「忘れないようにするための備忘録的

なブログになります。

沢山の方に読んでもらう、というよりか、自己満足的に記録に残していきたいと思っていますので

もし、同じく「100切り」を目指している方がいらっしゃれば、同じ気持ちで読んでみてください。

また、正しい事が書かれているかどうか分かりません。あくまでも、私自身が教わって、調べて

感じた事をそのまま記載しますので、正しいかどうかは怪しいところもあります。

「そんなこともあるんだぁ」位で読んでいただけると助かります。

100切りの為のステップ:グリップ~クラブの握り方~

そこからかいっ」という声が聞こえてきそうです(笑)

そこからです。

ブリップの握りは、本当に難しいんですよね。

上の動画の「中井学プロ」の動画は良く見ます。声がいいし、UUUMゴルフもやってるし。

さておき。

動画と私のイメージは少しだけ違います。

  1. 右親指人差し指でグリップの中央点を真上に向け、体のセンターにクラブを置く
  2. 右手は、クラブの向きを変えないようにして左手の人差し指第2関節と、小指球でクラブを握る
  3. 右手の人差し指第2関節でクラブを支え、右手の生命線を左手に沿える
  4. 右手小指を左手人差し指に沿える
  5. 左手の小指球でクラブを再度、「ぎゅっ」と握る

動画で撮影しようとおもいましたが、1人ではできませんでした(笑)

例えば、スーパーの袋を手で持つとき、手のひらでは持たず、指を曲げてひっかけて持ちます。

言われてみればそうですよね。何かを持つときに、手のひらでは握りませんよね。

指で持ちますよね。当たり前なのですが、今までは、手全体でクラブを握っていました。

そして、もう1つ重要な事を習いました。

バックスイングの初動を、クラブのフェースが下を向くように、手首だけで行います。

シャフトが地面に対して水平になった時、左手の親指の腹でシャフトを上から押さえている感じ。

クラブを構えた時は、左手の親指が、シャフトを90度右側から押さえている感じ。

今日習ってきました(笑)

「そうやって打ったら、7Iで160ヤードは飛びますよ。」

「100切りなんて言わずに、90切りましょう」

とインストラクターの方に褒められ、天狗になって帰ってきました(笑)

冗談とはもちろん分かっていますが、嬉しいんですよね。

長くなってしまったので、ここで終了にしたいと思います。

スタンス、構えなど、備忘録的に記載していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。