ペットと散歩。紅葉の季節に鎌倉へ。実は鎌倉の寺院はペット可が多いんです。鎌倉ペット散歩お勧め5カ所紹介。

2019年9月1日


徐々に、涼しい日も増えてきました。

ワンちゃんを飼っている方であれば、

そろそろ、長時間外で散歩が可能に。

と思われている方も多いのではないでしょうか。

特に、小型犬の夏の暑い時期の長時間の散歩は絶対に不可ですから、

「やっと」

と思われてる事も多いと思います。

そして、秋の長雨の時期を超えると、今度は「紅葉」。

散歩には、非常に抜群の季節ですよね。

ただ、観光地は意外にも、ペット不可のエリアが多いもの。

私も経験がありますが、言ってみたいとエリアをググってみて、撃沈「チーン」、

何てことは良くありますよね。

でも、朗報。

意外と鎌倉は観光地ではありますが、「ペット可」のお寺も多いのです。

今回は、そんな鎌倉ペット可能のお寺を「歩かせる事が可能な3寺」「バッグに入れなて可能2寺」をご紹介します。

歩かせる事が可能なお寺3寺

お寺と言えば、神聖な場所。

トイレの心配や周囲の目もあり、なかなかワンちゃんと散歩ができる場所は

ない印象ですよね。

そんな中で、歩かせる事が可能なお寺をご紹介します。

でも、リードをしっかり付け、マナー対策は万全に。

歩かせて散歩が可能なお寺①:円覚寺

正式名称は、瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさん こうしょうぜんじ)。

鎌倉の格式の高い寺を指す鎌倉五山の第2位と位の高いお寺の1つです。

臨済宗円覚寺派の総本山でもあります。

北鎌倉駅か徒歩1分、有料駐車場18台、とアクセスは非常に良いと言えます。

見どころは、神奈川県で唯一の国宝建造物である「円覚寺舎利殿」と同じく国宝の「洪鍾」。

その他、手入れを施されている庭も見どころの1つです。

歩かせて散歩が可能なお寺②:建長寺

正式名称は、建長寺興国禅寺(えんちょうじ こうこくぜんじ)

円覚寺同様、鎌倉の格式の高い寺を指す鎌倉五山の1つで1位に値します。

臨済宗建長寺派の本山とされており、境内は「建長寺境内」として国の史跡に指定されています。

北条時頼によって創建された禅宗寺院で、非常に歴史の深いお寺です。

見どころは、国宝の梵鐘境内の景色が見どころです。

山門なども、四季折々の草木があり、桜の時期も、紅葉の時期も楽しめるお寺になっています。

歩かせて散歩が可能なお寺②:浄智寺

北鎌倉駅から徒歩8分と非常にアクセスの良い場所に立地しています。

鎌倉五山の第四位臨済宗円覚寺派のお寺です。

堂内はダメですが、境内をリードを引いての散歩は可能なようです。

1281年、北条宗政が無くなった際に建立された、由緒あるお寺です。

それ程広い境内ではありませんが、当時の中国(宋)風様式が残る

一風変わった景色を見る事ができます。もちろん、国の史跡に認定されています。

バックなどに入れれば散歩が可能なお寺

次は、歩かせる事はできませんが、バッグケージに入れ、抱きかかえていけば

一緒に散歩が可能なお寺をご紹介。

バックなどに入れれば散歩が可能なお寺①:長谷寺

鎌倉 長谷寺といえば、「あじさい」が有名でしょうか?

正式名称は、「海光山慈照院長谷寺」。歴史は古く、創設が736年、奈良時代。

様々の菩薩層が安置されています。

また、「鎌倉の四方極楽浄土」と呼ばれるほど、全ての四季において花が絶えません。

そして、鎌倉有数の景勝地と言われる所以の2500株のアジサイ

様々な香りで、ワンちゃんも楽しめそうですね。

バックなどに入れれば散歩が可能なお寺②:高徳院

鎌倉大仏殿高徳院。「南無阿弥陀仏」の浄土宗の仏教寺になります。

仏像の作成が開始されたのは1252年。奈良東大寺大仏よりも小さくはありますが、

秋和派を問わず、たくさんの仏教徒から信仰を集めています。

入口から最奥に仏像が鎮座していますが、散歩にはちょうど良い広さではないでしょうか?

まとめ

私もそうですが、寺院にワンちゃんを入れる事は、やはり、躊躇ってしまう所があります。

でも、鎌倉という超のつく観光名所、そして、四季折々の草花。

この中の超のつく有名寺院で散歩ができるとは、私自身知りませんでした。

季節も良くなります。

ワンちゃんホルダーの皆さんも、是非、足をお運びください。


ペット

Posted by 7nana