ゴルフ100切り企画第3弾!打ちっぱなしに行ってきました。ドライバー含め、その後上手くいかなくなって、トップやダフリ。原因が。


100切り企画」第3弾。

そろそろ、その日が近づいてまいりましたので、友人と外の打ちっぱなしへ行ってきました。

スクールのプロには、

クラブの距離が伸びているのではないでしょうか?

という、とても嬉しいおべんちゃら的、お褒めのお言葉がありましたので、

んじゃ、行ってみないとスコアメイクができないわな💛

と調子に乗って、行ってきました。

結果は、距離は伸びてはいませんでした…

ただし、飛距離は平均的に安定しており、練習をした甲斐がありました。

ですが、今回の話題はこれとは違います。

初めは、7番アイアンで好スタート

スタートは、いつも練習している7番アイアン

床が荒れていた事もあり、ちょっと安定しませんでしたが、「頭」の位置を

修正し、安定の130ヤード辺りにポツリポツリと落ちていき、まずまず。

次に、いつも通りのドライバー。

2番目のドライバーから…

2番目のドライバー。180ヤード程度のところに落ちていったと思います。

(暗くて、着弾点が見えませんでした)

10発程度打ち終わった後、1発「スライス」がでました。

ヤバい・・・・・・・

そうです。スライスは、ヤバいんです。スライスが始まってしまうと、コース上では

OB地獄にはまり、足が抜けず、「100切り」所では無くなってしまいます。

落ち着いて、落ち着いて・・・

その後、ストレートフックダフリトップを繰り返して、諦めて、次のクラブへ。

その後・・・・

アイアンに戻したり、しましたが、絶対安定して欲しい5U、3Uも安定しません。

スラった時は、

落ち着け、落ち着け、先生のいう事を思い出せ

グリップの握り頭の位置アライメント肩を下げ頭の左側を動かさないよう

落ち着くと、もどるのですが・・・

翌日、先生に相談を。

昨日の話をした上で、スイングを見せました。

一発で、原因を言い当ててもらえました。

トップの位置

元々、トップが行き過ぎてしまう傾向にあり、手首を返してしまっていました。

これがあると、トップもスラもフックもダフリも生じるそうです。

特に、長いクラブを使うと、出やすい症状の様です。

自分のスイングを見て、映像でも確認できました。

自身の直し方

  • トップは手のひらを斜め後方に向けて突っ張る
  • トップの時ドライバーのヘッドを視界に入れない
  • テークバックで、右ひざを曲げたままにする

私は、この症状を、上の3ポイントで治します。

来週、ついに「100切り」ラウンド。

それまでに、数回練習しますが、楽しんでラウンドしてきたいと思います。