ワールドカップバレー2019男子開幕目前。龍神NIPPONの”見どころ”や”大活躍”期待の選手をご紹介


ワールドカップバレー女子大会が目下、大いに盛り上がっています。

私は、大のバレー好き。

バレーボール経験は、全くないのですが、大・大・大ファンです。

一度、女子のVリーグを見に行ったのですが、それ以来、虜になりました。

図らずも、2020年東京の前年のワールドカップバレー。

2012年ロンドンオリンピックで、女子バレーは銅メダルを獲得していますが、その前年の

2011年ワールドカップバレーは4位。2010年のグラチャンは3位

明らかに重要な大会であることは伺えます。

本当は、女子バレーのブログも書きたかったのですが、間に合わずに断念。残念。

でも、中垣内Japanは、植田Japanと同じくらい期待感が凄い。

何とか、間に合いましたので、ワールドカップバレー2019男子大会の私の”思いの丈”を

吐き出したいと思います(笑)

ワールドカップバレーとは・・・


正式には、「バレーボールワールドカップ」(英語:FIVB World Cup)。

男女とも、参加国12チームとよる1回戦総当たり戦

その昔、日本で「ワールドカップ」と言えば、サッカーではなくバレーボールだった時期があります。

それ程、日本に縁のあるバレーボールの世界大会なのです。

国際バレーボール協会(FIVB)が主催する世界大会の1つで、1965年に第1回大会が開催されました。

1977年に日本で開催されてからは、毎回日本の恒久開催となりました。

そして、1977年以降、フジネットワーク系列が独占中継を行っているという事も特徴の1つです。

バレーボールで有名な「バボちゃん」は、1977年大会からフジ系列が作り出したマスコットです。

泳げ!たいやきくん」のデザイナーである田島司が3日徹夜で制作したと言われています。

2015年からワールドカップバレーの上位2チームが翌年のオリンピックへの出場権が得られるようになり

一気にクローズアップされるようになりましたが、2019年大会はそのルールが解除されています。

また、応援コールで有名な、

ニッポン、チャ、チャ、チャ

は、ワールドカップバレーが元となっているとも言われています。

2019年大会男子 主な参加国

日本、ポーランド、イラン、オーストラリア、エジプト、チュニジア、イタリア、ロシア、ブラジル、アルゼンチン、アメリカ、カナダの12か国。

ブラジル 世界ランク1位

サッカー同様、「カナリア軍団」の異名を持つブラジル。

2016年リオオリンピックでは優勝している、男女ともにバレーボール強豪国です。

ブラジル男子は、2002年からオリンピックで常に金か銀という想像を絶する成績。

その輝かしい成績を収めたベルナルジーニョ監督から受け継ぎ、2017年1月から

レナン・ダル・ゾットという新監督となりました。

本国では、プレッシャーもバッシングも大きかった新監督でしたが、6月のネイションズリーグ

では、堂々の1位。

ワールドカップバレーでも好成績間違いありません。

アメリカ 世界ランク2位

2016リオオリンピック堂々銅メダルのアメリカ。

ただし、6月のネイションズリーグでは6位と大きく出遅れました。

やや、不調の心配もありますが、必ず復調してくると期待しています。

イラン 世界ランク8位

同じアジアの国、イラン。日本は世界ランク11位ですので、大きく差はないように思います。

ですが、2016年リオオリンピックでは、堂々の5位

6月のネイションズリーグでは、ロシア、アメリカを抑えて、2位という輝かしい成績。

イタリアセリエAで活躍するセッター:サイード・マル―フ選手

世界最高のセッターとの呼び声もある選手です。

実は、日本代表の石川選手とも同じチームで活躍していました。

マル―フ選手のトス回しに注目して、試合を見るのも1つの楽しみです。

我らが日本代表

監督

中垣内 祐一

セッター

  • 深津 旭弘
  • 深津 英臣
  • 藤井 直伸
  • 関田 誠大

アウトサイドヒッター

  • 福澤 達哉
  • 栗山 雅史
  • 浅野 博亮
  • 柳田 将洋
  • 髙野 直哉
  • 久原 翼
  • 石川 祐希
  • 樋口 裕希
  • 都築 仁

オポジット

  • 清水 邦広
  • 大竹 壱青
  • 西田 有志

ミドルブロッカー

  • 李 博
  • 出来田 敬
  • 山内 晶大
  • 高橋 健太郎
  • 小野寺 太志

リベロ

  • 古賀 太一郎
  • 井出 智
  • 山本 智大

私の注目日本選手

今大会はだけではありません。2020東京に向けての、今、バレーファン「7nana」が注目する

選手をピックアップ。

テレビでも、会場でも見られた際、少しでも思い出していただけると、嬉しいです。

西田有志(にしだ ゆうじ) オポジット 背番号11

  • 生年月日:2000年1月30日
  • 伸長・体重:186cm・80kg
  • 所属チーム:ジェイテクトSTINGS
  • ポジション:オポジット
  • 背番号:11
  • 最高到達点:344cm

まずは、この人。

6月のネイションズリーグで大活躍の20歳。西田有志選手。

まず、驚いたのが、西田選手は飛んでました。

いや、本当に羽が生えている様に見えるくらい、飛翔していました。

決して恵まれた伸長ではありませんが、「サウスポー」という武器、海外チームに

データがない、という幸運もありましたが、バシバシ、敵コートにボールが突き刺さって

いました。

そして、チームの選手に話しかけている感じが、20歳に見えないんです。

さも、長く日本代表に選抜されていたかのような、大物ぶり。圧巻でした。

ワールドカップバレーでは、各国から相当研究されている可能性がありますが、

まあ、過去のデータから分かる事もありますけど、自分がこれからやりたいと思うプレーなんかは、さすがに全て読めないと思う。だから、相手の裏をかくじゃないですけど、これまで以上の技術をこの合宿で身に着けたいとは思っています。

VOLLEYBALL HEROES より

本当に期待しています。

石川 祐希(いしかわ ゆうき) アウトサイドヒッター 背番号14

  • 生年月日:1995年12月11日
  • 伸長・体重:191cm・84kg
  • 所属チーム:キオエネ・バドバ(イタリア)
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 最高到達点:351cm

クール・プリンス。この言葉が、石川選手にはふさわしい(勝手に言ってます)。

星稜高校、インハイ、国体、春高の三冠を2年、3年と2年連続達成しているという化け物。

天才」と言ってしまえば、簡単ですが、その裏の努力は想像を絶するモノが

あるのではないでしょうか?

ちょうど、ワールドカップバレー女子大会でが活躍している事でも有名です

中央大学卒業後、Vリーグには所属せず、プロバレーボール選手として活動している所にも

他者との違いを感じます。

体の線は細いように見えるのですが、肩の柔軟性と体幹の強さから生まれる力強いアタックと

サーブは、世界でも引けを取りません。

福澤 達哉(ふくざわ たつや) アウトサイドヒッター 背番号5

 

この投稿をInstagramで見る

 

*** Finally.. I can announce about this new journey. I’m glad to join to Paris Volley,the distinguished French volleyball club. I really appreciate that Panasonic and my club and my family are supporting me. The only way to get big success is to push the envelope. I believe in my capabilities more than anyone else. Please keep cheering me!! ALLEZ PARIS🔵🏐🔴 #フランス1部リーグ #ParisVolley #海外移籍 #伝えたいことはパナソニックパンサーズのホームページに全て書きました #自分の限界に挑戦したい #それを全力で後押ししてくれる会社とチーム #そして家族がいることに感謝 #自分には自分に与えられた道がある #その道を一歩一歩 #大きくそして力強く進む #その先に待っているのはなんだろう #覚悟と信念 #自分が目指すゴールにたどり着くまで #もうしばらくお付き合いください #チャオ

🇯🇵Tatsuya Fukuzawa1️⃣5️⃣さん(@1tatsu5)がシェアした投稿 –

  • 生年月日:1986年7月1日
  • 伸長・体重:189cm・88kg
  • 所属チーム:パナソニックパンサーズ
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • 最高到達点:355cm
  • 背番号:5

33歳の古豪の選手。

2008年北京オリンピックに最年少で出場。

2009年グラチャンでは32年ぶりの銅メダルを獲得、ベストスパイカー賞を受賞。

10年前の一時代を築いた、エースプレイヤーです。

一時、代表落ちも経験していますが、ネイションズリーグで石川選手や柳田選手が不調な時、

代打で出た試合では、必ず活躍して見せる所が、男らしくて格好が感動的に格好良かったです。

燃える魂で、ワールドカップバレーも活躍必至です。

まとめ

長々、ツラツラ、書いてしましましたが、男子ワールドカップバレー。

楽しみで仕方がありませんよね。

10月1日から大会がはじまります。

皆さんも共に応援しましょう!!


Haikyu!!, Vol. 31: Hero (English Edition)


VOLLEYBALL HEROES Vol.1 [特別付録:石川祐希選手 等身大191cm!ポスター] (B.B.MOOK1464)

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。


バレー

Posted by 7nana