初めて犬を飼った後、私の体験から、知って欲しいアレコレ。噛み癖を付けない方法5選。【噛み癖編】

2019年11月6日


小型犬を自宅で飼おうとお考えのあなたの心配事。

吠え癖 と 噛み癖

この2つがとても多いのではないでしょうか?

実際、私がワンコを飼おう、と思った時も、やはり、この2点は気になりました。

ウチの「なな」(ダックスフンド 女の子 4歳)は、飼い始めた当初、ほとんど

「ワン」

という事がありませんでした。今でも、配達員の方が「ピンポーン」とした時だけ、

本気で吠えますが、それ以外、ほとんど「ワン」と言いません。

ですので、本当に犬か疑ったくらいです(笑)。

そして、噛み癖

こちらは、徹底した対策を打ち、一切、噛ませる事をさせませんでした。

ですので、家の家具に、全くと言っていいほど、ななの噛み後はありません。

その、徹底した対策、ワンちゃんを飼おうとして悩んでいる方に、お教えしたいと

思います。

ワンちゃんはどうして、噛むのでしょう?

そもそも、ワンちゃんが家具などを噛むのはどうしてでしょうか?

まず、我々が理解をしなければならないのは、犬に牙があるからといって、

何でもかんでも噛むという、習性が先天的の備わってなんかいない

という事です。つまり、ワンちゃんが、家具などを噛むときは、きちんとした理由

あり、そしてそれは飼い主側が原因であるケースが多いのです。

乳歯と永久歯の生え変わり時期

ヒトと同様、犬も乳歯と永久歯の生え変わり時期があります。生後3,4週から乳歯が抜け

初め、1年位で永久歯に変わると言われています。

自身が子供の時分、子供の歯が抜けそうな時、気になって歯をよくいじって

親に怒られませんでしたか?

同じです。乳歯の生え変わり時期は、ヒト同様、犬も歯がムズムズすると言われています。

そのムズ痒さを紛らわせる為に、ヒトであれば、手があるのですが、それが無い為、モノを

噛みたくなるわけです。

それ以降は・・・

この時期を過ぎ、永久歯が生えそろうと、歯がムズ痒くなる、といった事はないようです。

ですので、1歳以降、歯が痒くて、という気持ちはなくなるはずです。

でも、それ以降でも、モノへの噛み癖に悩んでいる飼い主さんはいらっしゃいますよね?

モノを噛む習慣ができてしまう

歯の生え変わり時期(3ヶ月~1歳)、椅子の足やテーブルの脚、クッション等を本能的に痒くて噛む行為が

習慣化してしまうと、成犬になってからも噛む習慣が抜けない場合があります。

また、歯の生え変わり時期、モノを噛んでいる時に、飼い主の「叱り」を、「かまってくれている

とワンちゃんが勘違いしてしまうと、構ってほしさに、成犬後もモノを噛む癖が無くならないケース

があります。

乳歯の生え変わり時期が重要

上記の事から、乳歯の生え変わり時期に、

  • 家具や人の手など、噛んではいけないモノと噛んで良いものを理解させる
  • 噛んでしまった時は、噛んではいけない事をきちんと理解させる叱り方をする
  • そして、この時期に、噛む習慣をつけない

を理解させる事がとても重要になります。

では、次に我が家の噛み癖防止策をお教えします。

我が家の噛み癖防止策

我が家の「なな」はダックスフンド。祖先が狩猟犬ですので、「噛みたい」という衝動は

他の愛玩犬よりは強い犬種という風に理解しています。

その上で、噛み癖防止策として、

  1. リンゴの皮のスプレー散布
  2. 噛んだ時の叱り方
  3. 木のおもちゃ
  4. 硬いお菓子
  5. 「ウ~」と唸った時に口に手を入れる

上記5つで、ウチでは上手くいきました。

1.リンゴの皮のスプレー

いたずらされたくない部分に噴霧して、噛ませないようにする方法です。

ウチの場合、至る所に塗り込みました。

ウチが使用していた、「ビターアップル」は、リンゴの皮から抽出した天然の苦み成分

ですので、ワンちゃんが舐めても、我々が舐めても無害です。

ですので、ソファーの足、クッションの端、テーブルの脚等等、届くところには、全て

縫っておきました。

塗る時は、必ず、臭いを噛ませ、「嫌なもの」という認識をしっかりとつけるように心掛け

ました。

塗った所は、ほとんど近づく事すらなくなりましたねwww。

↓ウチが使っていた商品です。良ければ、お試しください↓


ビターアップル スプレー(437mL)【ビターアップル】

2.噛んだ後のしかり方

これは、どちらかというと、ウチの相方の役割ですwww。

私は甘々なので、ついつい、上手くできませんでしたが・・・・

こらっ

と一言。大きな声で。

それだけです。

我々が注意をしたのは、「ななっ」と名前を絶対に呼ばないようにしました。モノの本で

叱る時に名前を呼ぶと、名前と叱られている事を混同してしまう

という風に書かれていましたので、極力、そこは注意しました。

3.木など噛むおもちゃ

逆に、噛んでも良いおもちゃを準備し、それを、ひたすら噛ませるようにしました。

上の様な、木製のおもちゃで、仮に飲み込んでしまっても大丈夫なものを使いました。

プラスチック製品でも壊れないようなモノを使いました(余り噛んではくれませんでしたが…)。

記憶が正確ではありませんが、木製のおもちゃは、3日に1本はなくなってました(笑)。

多分、結構食べてましたね(笑)

硬めのモノ、大きめのモノ、色々試しました。でも、結局同じでした。

無くなるまで、噛み続けていました。粉砕された木片を捨てるのも、大変でした。

本数は覚えていませんが、毎週ペットショップへ行って購入していた事を覚えています…

↓ウチが使っていた商品です。良ければ、お試しください↓


ダッドウェイ(Petstages)ペットステージ ウッディー・タフ・スティック ミディアム【犬のおもちゃ】【小型犬】【デンタル】

4.硬いお菓子

俗にいう、ガムと呼ばれるものです。

板状だったり、棒状だったり、骨の形をしていたり。

牛皮仕様のモノが多いかと思います。

これは、4歳になった今でも、飼っています。暇な時間を持て余す時に、噛んでいます。

「なな」さんは、棒状の巻き巻きタイプが好みです。それを、私に開かせてからカミカミ

します。

本当に面倒なヤツです(笑)

5.「ウ~」と唸った時に口に手を入れる

ワンちゃんが、嫌な事があると、歯を見せて、威嚇しながら、

「ウ~」

って唸りますよね。

ウチの「なな」さんはその顔すら、小悪魔みたいで可愛いんです(←親バカ)。

ですので、その顔をしたら、手を噛ませてあげる事にしてます。

噛んで歯を当てるような仕草はしますが、本気で噛んだりはしません。威嚇ですから。

逆に、白けてしまうのか、その「ウ~」という顔を止めちゃいます。

※血が出るほど噛む場合は止めて、トレーナーに相談しましょう。

まとめ

どうでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

勿論、私自身、ペットトレーナーでもありませんし、たくさんの本を読み漁っただけの

シロートです。

シロートなりに、本を読み、動物病院の先生に聞き、ネットでググり、失敗、成功を

重ねた結果ですので、幾ばくかは参考になろうかと思います。

もし、参考になれば嬉しいです。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。