100切りするまで、帰れまテン企画 第2弾。行ってきました「筑波国際カントリークラブ」。山間コースでロスト続出。結果やいかに。

2019年11月16日


100切り企画から、「100切りするまで、帰れまテン企画」へ移行しての、第2弾。

前回のアクアラインゴルフクラブから、約1カ月半。

100切り」目指して、行ってきました。

ただ、今回、言い訳を先にさせて頂くと・・・www

前回のゴルフから、練習が1回しかできませんでした。

練習ができなかった理由は、「痛風」と「四十肩」です。

特に痛風が長引き、3週間。練習になりませんで、続けて「四十肩」になり散々でした。

4日前にようやく、鳥かごで50球ほど練習しての、「100切りチャレンジ」と相成りました。

筑波国際カントリークラブ

今回は、筑波国際カントリークラブに行ってまいりました。

知人が、チケットを持っており、昼ごはん付き、税込み5,800円という破格の価格で

回る事ができました。

常時でも平日は、6,500円程度で回る事ができる為、とても、リーズナブルに回る事ができる

コースです。

茨城県の中では、珍しい「山間コース」。

レギュラーティーで6,120ydとやや短めですが、アップダウンが激しく、また、

アンジュレーションが激しいコールでもある為、初心者コースではないかもしれません。

でも、池などのハザードは少な目に設計されていますので、練習コースとしては、良い

コースかと思いました。昼食のお蕎麦も美味しかったです。

INコース

先に結果を言っておくと・・・・・・

『残念』。持ち越しです。

IN □ □ △ □ +3 +3 △ +3 □   合計+19(55)

OUT  △ +3 +3 △ +3 – △ –  合計+14(50)  105

INコースではトリ3つダボ4つです。

ドライバーでボールを5つ紛失しています。全て、フックに引っかけてロスト

これがなければ、100は切れていますねww

特に、疲れてきたのか後半で、大たたきしているケースが目立ちます。

下半身に力が入らなくなったのか、右足に体重がのったままスイングをしてしまっている

ようでした。

また、パーが1つもないのが、とても残念な感じで終了しました。

OUTコース

後半OUTコースはの後半は何とか、フックを修正できました。

ただ、前半は修正できないまま、ロストボールが2つ

やっぱり、ロストがなければ、100を切っていますねww

注意した事は、

  • バックスイングを右足の内側に力を入れながら、ゆっくり上げていく。
  • その時に、頭を左足側に残すイメージ。
  • トップは上げすぎないで、左腕が突っ張ったら切り返し。
  • ダウンスイングからインパクトまでを勢いを付けない。

上がり4ホールはとても上手く回れました。上がり4ホールで「+2」。

このイメージが大事ですね。

特に嬉しかったのが、最終9ホール目。261yd。

打ち上げのコースで、実質230yd程度のコースですが、ドライバーでほぼ1オン。カラーでした。

3パットしてしまいましたが、230ydをまっすぐ狙った所に飛ばせたのは、成長の証。

もう1つ印象的だったのが、7ホール。これまた、打ち上げの280ydコースですが、

ドライバーで、正しく「ドローボール」。ランもあって、250yd付近。

残り135ydを左足上がり傾斜を8Iでしっかりパーオン。2パットでパー。

傾斜の8Iも非常に成長を見せられてホールとなりました。

まとめ

結果的に「100切り」とはなりませんでしたが、後半の修正とアンジュレーションのキツイ

コースで上手く打ち切れた事は、成長の証。次回に気を付けるポイントは

  1. バックスイングは肘から手までを動かさないようにゆっくり上げていく。
  2. トップ位置は、左腕が突っ張るところまで。それ以上上げない。
  3. バックスイングの時、顔の左側を意識し、動かさないように注意。
  4. バックスイング動作中、左足の内側に力を入れる。
  5. ダウンスイングは勢いを付けず、ゆっくり下ろす。

もう1つ。上手くいったポイントがグリーン周り。

10~20ydのアプローチは、肘を曲げてパターの様に構え、左足体重(ボールの左面を見る

位)で振るとトップせずに、イメージした距離に近い球筋になりました。

これも次回に引き継いでいきたいと思いました。

参考になるかどうか分かりませんが、もし、近い悩みのある方は参考にしてみてください。

そして、「もっとこうした方が良いよ」とか「茨城県のコースならココ」等、参考に

なる事がございましたら、是非、ブログでも、Twitterでも、Facebookでもコメント

いただけると、嬉しいです。

100切りするまで、帰れまテン」、11月に第3回を企画しますwww

最後までお読みいただき、ありがとうございました。