初めて犬を飼う前に、私の体験談を交えて、まず読んで知ってほしいアレコレ【大切な命編】

2019年11月11日


2018年、犬の飼育件数は、なんと、890万頭。

ここ数年は「猫」人気。

犬、猫併せて1,850万頭以上。

参照 一般社団法人 ペットフード協会

これは、日本人の15歳以下の人口を上回る統計数値となります。

テレビでも、志村動物園を筆頭に、ペット番組がゴールデン時間に。

空前のペットブームと言っても過言ではありません。

ペットショップには、

家族連れ、カップル、シニア等

ほぼ全ての層が集まっていますよね。

そう言う私も数年前まで、週末ペットショップ通い

休みの日に、相方の買い物に付き合いながら、ペットショップで

指をくわえて、可愛い仔たちを眺めていました。

そんな中で、突然、ダックスフンドの仔犬に運命的に出会い、飼う事になったのですが・・・

私の場合、手付金を払い、購入まで、24時間、飼えるかどうか考えました。

犬を飼うと、費用はどの程度かかるんだろうか?

犬はどんな病気にかかるんだろうか?

犬はどんなモノを食べるんだろうか?

犬はトイレ、覚えられるかな?

今、犬を飼おうかどうか考えて、このブログを読んでいるアナタと同じく悩みました。

犬を飼おう

と考えている、ネットでググった、そこのアナタ!

まず、このブログを読んでから、もう一度、飼うかどうか考えてみても良いのでは?

10分程度で読めますので、是非、一読くださいませ。

ペットを飼うという事

さて、

ペットを飼うという事

は、どういう事なのでしょうか?10秒考えてみてください。

小さい命の一生に責任を持つという事

今からアナタが飼おうとしてる、その「犬」は、小さな、小さな命です。

哺乳類ですので、心臓の鼓動も血管の脈拍も、目も口もあります。

アナタと同じく、年を取りますし、病気もかかります。

運動をしなければ太りますし、食べなければ、死んでしまいます。

オシッコもしますし、ウンチもします。体調が悪ければ嘔吐もします。

話す事はできません。

でも、赤ちゃん同様、泣(鳴)いたりする事で、感情を表します。

そして、ヒトの子供と等しく、アナタの思った通りには動いてはくれません

永遠の3歳

犬をこの様に表現する事がありますが、とんでもない。

記憶力は高いので粘着質ですし、感情も豊かですし、思春期もやってきます。

食べ物にも、人にも、オモチャにだって、好みだってあるし、

好き嫌いがはっきりしています。

犬の寿命は、10年~15年程

この期間に、アナタの家族と全く同じことが起こります。

赤ちゃんの時は甘えもしますし、やがて、思春期に反抗だってします。

オトナになれば、独りにして欲しい時だってありますし、病気にもなります。

年老えばボケもしますし、目も見えなくなります。

寝ている時間も長くなりますし、病気の頻度も上がります。

小さい命の一生に責任を持つという事

とは、それ即ち

最期まで、幸せに過ごせるように、責任を持つという事

です。

目の前の小さな命を飼うには

それ程、大きな責任をとると、決断をしなければ、買えないのです。

毎年、毎日、お金がかかるという事

表にまとめてみました。

ペットショップでは、最低限の費用の説明はあると思います。

表に書かてれいる内容は、あくまでも最低限です。

最低、50,000円~70,000円年間の費用としてはかかります。

加えて、オモチャや洋服等、嗜好品が増えるとまだまだかかってきます。

不便さが伴うという事

家族が増えるという事、そして、その家族は人しか入れない所には入れません。

人の家族が増えるよりも、不便さは伴います。

旅行に行きにくくなる

行けない訳ではありません。

  • ペットホテルに預ける
  • ペットと一緒に宿泊できるホテルを予約する
  • 家族に預ける
  • などなど

方法はあります。別途料金がかかります。

毎日の散歩

犬にとっての散歩は、排泄活動とは別に、マーキングを行う場合があります。

必ず、日に2回行かなければならない。

なんて仔もいます。

まとめ

そんな、言ってしまえば不都合だらけの「飼育」ですが、

与えてくれることの方が大きいと、今の私は思っています。

もし、今、ペットを飼おうと悩んでいるアナタの参考になれば、嬉しいです。

4年前、私も、散々と悩んだことを書き連ねました。

その、解決策の一助となれば嬉しいです。

初めて犬を飼う前にアレコレ、シリーズです。

下記もお読みください。

最期までお読みいただき、ありがとうございました。