【ダイエット】ダイエット初心者におけるタイプ別トレーニング。時間と運動慣れと費用の3つの対応から解説してみた。


前回の記事で、ダイエットには、食事コントロールと運動を併用する事が良いという事を書きました。

まだ、お読みでなければ、是非、お読みください。

ところで、一口に運動と言っても沢山ありますよねー。

ランニング、ウォーキング、スタジオレッスン、水泳、各種スポーツ、筋力トレーニング、パーソナルトレーニング

また、運動できる場所も沢山ありますよねー。

公園、地域の体育館やプール、フィットネスジム、24時間ジム、パーソナルジム

ココで重要になるのが、アナタがダイエットを行う理由です。

この記事に行きつくわけです。

回りくどいですね…

でも、アナタが「どれ位の期間」で「どの位の運動慣れ」で、「どの位の費用」で、「費やせる時間はどの位」で「どの位の脂肪を落としたいのか」。

これが、本当に重要なのです。

そこで、今回は、場所、手法をタイプ別に分けて、説明をします。

アナタがしたいダイエットの参考になればと思っています。

是非、参考にしてみてください。

アナタはどの位ダイエットに時間をかけますか?

時間」という考え方は、ダイエット方法を考える上で、いくつかあります。

  1. ダイエットの結果を出すまでの期間(例えば、半年間で10kg痩せる 等)
  2. 1日、1ヶ月に費やせる時間(例えば、毎日、18:00~19:00はフリー 等)
  3. 朝、昼、夜 どの時間帯をダイエットに充てられるか(例えば、仕事終わりは常に深夜 等)

大まかに、上記3つです。

一般的に、結果を出す期間が短ければコストが高く期間が長ければコストが安い傾向にあります。

1日、1ヶ月に費やせる時間が安定していた方が効果は出やすく、不安定の方が効果は出にくい傾向にあります。

時間帯は、コスト、効果には影響しませんが、深夜を選択する場合、女性には不向きになる傾向にあります。

簡単に一覧表を記します。

どの位運動に慣れているか?

基本的に、生活に運動を取り入れる場合、新たな生活習慣を身に着ける事になります。

運動に慣れていない場合、新しい生活習慣を身に着ける事は非常に困難です。

運動習慣がない場合は、強制的に運動をしなければならない環境に身を置く事が重要になります。

  • 習い事の様な形式をとる(予定を強制的に作ってしまうパターン)
  • 仲間と一緒に行う(待っている人を作ってしまうパターン)
  • 見た目重視でスタートする(初期投資を上げるパターン)

幾つかのパターンがあるとは思いますが、強制的に行うか、楽しみを期待して行うか、他人を巻き込んで行うか、いづれかが有効的でしょう。

どの程度の費用で行うか?

費用面というのとても重要です。

費用をかける場合、2パターンあります。

  • 課金型:費用をかける事で時間的に短縮してダイエットを行う(スマホゲームと同じ)
  • モチベアップ型:費用をかける事で心的に有意義にダイエットを行う(洋服や道具を購入し心的にモチベアップを図る)

課金型の方が、高額にはなりますが、ダイエット効果と直結している為、時間的余裕がない場合は、こちらにした方が良いと思います。

モチベアップ型の場合は、1回の投資は高くはありませんが、長期的に投資が継続する可能性が高いです。

私の20年間の経験的に言うと、モチベアップ型が、長く健康的な身体を保たれている方が多いように感じます。

また、一切費用を投じない方の場合、余り、上手くいっているケースを見ません

やはり、一定基準の投資額は必要かとは思います。

まとめ

時間的、習慣、費用と3パターンで書いてみました。

簡単にまとめてみると、下記の様なグラフ、表になります。

ダイエットを志す方の目安になるはずですので、一度ご参照ください。

専門家としては、無理なダイエットはお勧めしません。

また、ダイエットだけが目的になっている運動も余りお勧めはしません。

最後までお読みいただきありがとうございました。